クラフト社の菱ギリの8413(細)と8414(プロ用)の違いは・・・ただの太さの違いです。

菱目打ちがうるさいので、菱ギリでレザークラフトをするようになりました。

協進エルの菱目打ちの(細)を買って使っていたのですが、もう少し細い孔が空いてくれると良いなあと思いまして、クラフト社の菱ギリに手を出してしまったのです。

カメラのレンズ沼ならぬ、クラフトの道具沼にはまっているような気がします。

クラフト社の菱ギリのラインアップは、8413番と8414番という2種類です。

8414番にはプロ用って書いてありますので、材質が違うのだろうか?プロ用の方がキレッキレ?と思いまして、二本買っちゃいました。

Amazonのポイントがあったのでそれで購入。

開封したら・・・え?菱ギリプロ用って書いてあるのには「太」の文字。なんだこれ?

クラフト社さん、これはいけませんよ。8413が細で8414が太と書かないと。

菱ギリも刃物の一つなので、研いで使うのが当たり前なんだろうけれど、私のようなド素人はなまくらにしてしまうので研ぐのが怖いです。

革包丁を研いだ時に失敗したんで・・・どうしようかなあ?と思った次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました