3Dプリンターの0.2mmノズルを使ったらもっと細かい革のエンボス加工が出来るみたいだ

3Dプリンターで、革のエンボス加工をやっていたのですが、アイデアがあまり思い浮かばなくて塩漬け状態になっていました。

3Dプリンターとダイカットマシンで、革の型押し(エンボス加工)にはまっています – 不器用貧乏によろしく

色々有って、3Dプリンターのノズルの口径を変えており、通常の0.4mmから0.2mmに変更したので試しに、エンボス型を出力してみようとやってみました。

mellow(まろやか)ノズル0.2mm装着の儀 #KingroonKP3 #3Dプリンター – happyman web

これが0.4mmで出力した千鳥格子

これが0.2mmで出力した同じモデルの千鳥格子。エッジがシャープになってますね。

革に写してみたら、やはり0.4mmより良い感じな雰囲気です。

あたりまえですね。線の太さが半分になっているのだから。

そうなるともっと無茶できませんかね?って思って出したのがこれ。

さすがに細かすぎて潰れるだろう?って革に入れてみた。

あ・・・想像していたより良い感じですよ。またエンボス沼にはまりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です