ダイカットマシンでエンボス加工をしようとしたら、3Dプリンターで出力した原盤が3mm厚になってしまったので、厚さ調整のできるダイカットマシンでも入らなくなってしまいました。

WonderHouse(ワンダーハウス)ダイカットマシンW005を衝動買いしてしまいました – 不器用貧乏によろしく

浮いてしまっています。

このダイカットマシンのアクリル板なんですが、だいたい3mm厚と5mm厚が標準のようです。

これくらいのお値段がするので、AliExpressで二枚ほど安く買っていました。

しかし、AliExpressで3mmより薄いアクリルパッドは見かけません。

ホームセンターでサイズに合わせて切るのもめんどくさいと思ってワンダーハウスさんを覗いていたら、色々出てきました。

これは助かります。そういうわけで買ってみました。

W002-D/ワンダーハウス/ 2.0mm カッティングパッド 198x150mm PC M… | はっぴ〜まんの楽天生活 – 楽天ブログ

2mm厚と1mm厚を購入したのですが、2mm厚でやってみます。

入るようになりました。2mm厚でもペコペコですね。

まあとりあえずこれでエンボス革を作ってみます。

光造形型3Dプリンターで3D embossing folderのようなものが作れそうだ