カッティング後の革に縫い線を3Dプリンターで作った治具で入れてみた

カッティングマシンで切り出した革がかなり正確な形状なので、3Dプリンターで作った治具で縫い線が入れられないか?やってみた。

カッティングマシンを手に入れてしまったので、カット後の治具(ダイカットマシン用)を3Dプリンターで作ってみた

ちょっと遊びがありますが、もう少しきっちりやれば、精密に入れたいところに線が入れられそうです。

こういうことをやってみたかったのである。

縫うのが下手くそなので、ギザギザになってしまいましたが、これはこれで面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。