カッティングマシンを手に入れてしまったので、カット後の治具(ダイカットマシン用)を3Dプリンターで作ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンター沼にハマっている人は、2台3台と増殖するらしいのですが、3Dプリンターを放置して新しいおもちゃを購入してしまいました。

ブラザー SDX85 カッティングマシン ScanNCutDX の試運転を執り行いました – happyman web

何が出来るかといえば、いろんな形にほぼ正確な形状で切り抜けます。

こんな感じですね。これは革です。

いろんな形に切ってくれますし、先端部を丸くもしてくれます。

これまで綺麗に切ってくれるなら、3Dプリンターで型をはめることが出来るんじゃ無いか?と考えました。

こういう形ですね。切り抜いてから、エンボス加工をほぼ正確な位置で出来るのが利点です。

遊びがちょっと大きいですね。でもだいたい入れたいところにエンボス出来ました。

問題は、3Dプリンターのラインの跡まで型押ししてしまってますね。模様と言ってしまえば模様だが・・・

微調整は必要ですが、なんとかなりそうな感じです。縫い線を引くことが出来ました。

3Dプリンターとダイカットマシンで、革の型押し(エンボス加工)にはまっています – 不器用貧乏によろしく

あとは色々アイデア次第です。

3DPrinter材料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

Amazon プライム対象