FreeCADで模様の付いた平板のモデルの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半年前にやったことをすぐに忘れてしまうので、自分用にメモを残すことにしました。

パターン化したい部品を読み込む。

[Part]を選択する。

STLの場合、[Part]-[メッシュから形状を作成]をする。スイッチはいらない。

[Part]-[ソリッドに変換]をする。

[Draft]を選択し、Arrayを選択する。

X方向Y方向に増やしたい数を入れて、Xの間隔に部品のX辺の長さを、Yの間隔に部品のY辺の長さをそれぞれ入れる。

結合もリンクのオプションは全て外す。

板状モデルのできあがり。

長さと間隔の調整はプロパティで実施する。

できあがったモデルは、[ファイル]-[エクスポート]でファイルに吐き出す。

あとはモデル出力の設定するソフトに行く。以上。これだけ書いておけば忘れないだろう。

上手く出力出来ないときは温度設定。出力後はノズルクリーニング。

DESIGNSPARK MECHANICALとお別れしたので、FreeCADを導入してみることにした

3DPrinter本体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

Amazon プライム対象