革砥ホルダーを押型成形で作ってみた1(押し型を3Dプリンターで作り、革を成形させる) 

こんなもん3Dプリンターで作るのは馬鹿だなあと私自身も思うのですが、3Dプリンターのテストも兼ねています。

ヌメ革の立体成形で革砥ホルダーを作ってみた。 | レザークラフト入門講座

ヒントはここのサイトです。どう考えてもMDF板使った方が安上がりです。

歪んでしまっていますが・・・始めてしまったので、もう突き進むしかありません。

こんなの作るのに長い時間かかりました。自爆。1回しか使わないのにねえ。

サイズ感としてはこんな感じ。結構ぴったり。

それでは成形させましょう。

革を濡らしてきてぐにゃぐにゃにします。

あとは、型をかぶせてと・・・固定します。3Dプリンターで作ったボルトとナットを利用しました。

さあ・・・上手く成形できるかなあ・・・(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です