貧乏なおじさんの所にも、ポケットマネー(2万円かからずに)で3Dプリンターが買える時代が来た

5年くらい前ですかね?3Dプリンターすげーって言われて、お金持ちのおじさん達があっちこっちの地形データをプリントアウトしてたの。

立体地図(地理院地図3D・触地図)

2014年にサイトが出来ていますから、6年前ですか・・・当時はこんなもん買えないよねえなんて冷たい視線を送っていたのですが・・・

Kingroonの1万円台激安3Dプリンター(Kingroon KP3-3DP180)が気になってしまい・・・そのままポチッとしてしまいました。 | happyman web

ついに1.7万円で3Dプリンターが購入できる時代がやってきていたのです。

ステージが18cm四方なので1辺16.5cmくらいまでしかでませんが・・・

来ちゃいましたよ。とりあえず試運転まではできたので、地形データを吐き出すか~。

地理院地図のサイトに行って、立体にしたいところを切り取ったら、もうSTLデータがダウンロード出来てしまうんですね。

やっぱり富士山だよな・・・

あとはスライスソフトで3Dプリンターに指示を出すデータを作るだけ。

30分もかかっていません。

さあ・・・印刷と思ったんですが、まだやりたいことが多々ありまして・・・時間が回ってきません。

11時間かかるんだってさ・・・プリントアウトするのに。

あ・・・この3Dプリンターなかなかアバウトなので、使う人の性格を選びます。

神経質な人はもっとちゃんとしたのを買って下さい。

衝動買いした3Dプリンター(Kingroon KP3-3DP180)開封の儀(いろんな意味でアバウトな品物である) | happyman web

衝動買いした3Dプリンター(Kingroon KP3-3DP180)試運転の儀(隊長!microSDカードが入りません!) | happyman web

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください