文字刻印を打つときの治具を3Dプリンターでつくってみた(試作編)

4mm刻印を買ったものの、私には上手く真っ直ぐ打てる技術がないことに今さら気がついた。

4mmアルファベット刻印をAliExpressで買ってみた #AliExpress – 不器用貧乏によろしく

ボコボコである。うーん格好悪い。なんとかならんものか?と考えた。

試作したものがこれ。

こうやったらズレないだろう?

ネジがないので固定していないが、これで3つまとめて打てば。いける?

あ・・・順番間違えた。揃ってはいるんだが、うーん間抜けな文字間隔である。

また文字が一個ずつしかないからSOSとか打てないな。うーん検討の余地があります。

でもなんかじっと見ていたら、間にもう一セット打てばいいのか?

あぁ。間に文字打つとやっぱりそれっぽくなりそうですね。

どうやったら不器用な私でもそれっぽく打てるのか?悩まないといけないな。

続くかもしれないし、続かないかもしれない。

文字刻印を打つときの治具を3Dプリンターでつくってみた(試作編)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 文字刻印を打つときの治具を3Dプリンターでつくってみた(改善編) – 不器用貧乏によろしく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です