はじめてのレザークラフト創刊号に掲載されているペンケースを作ってみた(3)(目打ち編&縫合編)

やすりがけしていたらきりが無いのと、銀面がどんどん傷んでくるので、適当なところで諦めました。

縫い線をけがきました。それにしてもド下手なので傷が目立つ。

6本菱目打ちを使って打ち抜きましたが、6本は1.5mm×2枚の革を打ち抜くにはすごい音が出ました。

6本で粗方の位置を決めたら、2本ないし4本目打ちで追い打ちをかけるやり方になってしまいました。

こういうときに菱ギリが必要なのかなあ?でも孔に沿って貫通させる器用さが無いなあ。

結局一番活躍したのは4本菱目打ちになりました。

そして縫い合わせ。穴の位置が右と左で一目ずれている。

こういう雑なところがダメなんだろうね・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です