麻手ぬい糸エスコードを絡ませずに保管するために、「フロスボビンワインダー」を導入してみた・・・ #レザークラフト

着色オイル加工のしていないヌメ革タンローの革を縫うときは、やはりポリエステルボンド糸(ビニモ)よりも、エスコードを使う方が仕上がりが好きです。

ただ、このエスコードは、糸巻きに巻いて販売されていません。開封時には良いのですが、やはり絡んできてしまいます。

名古屋市緑区にある楽天市場で有名な「レザークラフトぱれっと」にやってきました。五月の大型連休は年に1度の全品二割引きセール。 – 不器用貧乏によろしく

ビニモの使用後の糸巻きをもらってきていたこともあったのですが、もう少し簡単に巻けないものか?ということで、フロスボビンワインダーを見つけた。

こんな感じです。くるくる巻けるらしい。

全部巻き取ると、ボビン二本分になっちゃうんですよね。なんかちっこいし。

スッキリしないので、3Dプリンターで似たようなものを作ってしまいました。

穴が会いませんでしたが・・・

厚みとか形状を調整したら、巻けるようになりました。

なんだボビンを巻く道具だけ買えば良かったよ。自爆。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です