中国人が絶滅危惧種のタツノオトシゴを大量消費するので、日本の産学官が養殖事業に参入するらしい

普及するかはコストの問題ですかね・・・

タツノオトシゴの養殖 本格的に事業化へ 漢方薬の原料 | NHKニュース

人間が必要な分を養殖で確保できれば・・・とありますが、人間が捕獲するのが馬鹿馬鹿しくなるくらいに単価が下がればと言うことでしょうね。

食い扶持を掻っ攫うことになっちゃうので、東南アジア諸国の人たちに養殖方法を教えようと言うことなのでしょう。

でもタツノオトシゴの単価が下がったら、誰が得するんだろう?うーん。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください