海底の白亜紀時代の地層中に生きていた細菌は、空気中で栄養を与えると増殖するらしい

「細菌」に言わせれば、1億年経ってやっと日の目を見たってことだろうか?

1億年前の細菌が増殖 南太平洋深海底を掘削、採取―培養実験に成功・海洋機構:時事ドットコム

酸素の少ない海底の地層中では、じっーっとなりを潜め、酸素に富んだ環境で栄養が与えられたら増殖しているらしい。

原始生物に近ければ近いほど、そう言う能力を持っているのかも知れません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください