はじめてのレザークラフト創刊号に掲載されているペンケースを作ってみた(1)(CAD型紙編&革切り出し編)

道具が揃いつつありますので、先日、レザークラフト「ぱれっと」さんで購入してきたヴィンセント(B級)革を使って、はじめてのレザークラフト創刊号に掲載されているペンケースを作ってみようと思う。

とりあえず掲載されていた型紙を、CADに起こしてしまおう。

めんどくさいので、型紙の写真をAutoCADに貼り付けて・・・その上をトレースする。

適当なカーブは、それっぽい半径で描かしてしまう。

今のところなんとか上手に出来るのはCADだけというお粗末な話で有る。

印刷してきました。意外と型紙がでかい。革の面積が必要です。

こういう向きで切り抜けば経済的なのだけど、革が曲がりにくい方向なので、余り良い感じでは無い。

なんとか切り抜きました、でもボロボロだな・・・

この皮は固かった。そして革包丁がド下手だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。