阪神淡路大震災26年

新型コロナウイルス感染症のたった1年で世の中の空気がここまで変わるってのは、どんな人にも人生波瀾万丈なんだなあと思って居ます。

阪神・淡路大震災から26年 遺族などが黙とう 犠牲者を悼む | 阪神・淡路大震災 | NHKニュース

過去の悲しい災害を、何の制限もなく平和に追悼できなくなっていると言う感じがします。

これは、世の中が次のフェイズに入っているのであり、災害なんてものは別に地殻変動に限ったことじゃないと言うことなのでしょう。

今は集中的に1ヶ所が被災地にはなって居ませんが、世界中の人が被災者のような状態で行動が制限されつつあるわけです。

1年後27年のとき、どうなっているか・・・想像出来ませんね。追悼式典はあるのでしょうけど。

それが出来ないくらいの社会変化はないと信じていたいです。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください