片べりした砥石をダイヤモンド砥石で面直ししてやることにした

革包丁をゴシゴシ研いで凹んでしまった砥石なんですが、どうやら砥石というのは減るらしく、面出しして使うのが当たり前なんだそうです。

砥石と砥石を擦り合わせたりとか、面出し用の砥石とかあるみたいなのですが、私はダイヤモンド砥石でやってみることにしました。

Amazonでタイムセールしていたので衝動買いしちゃっただけなんですが・・・

これでも刃物は研げるみたいなんですが、研げ過ぎちゃうらしくて素人には難しいらしい。

ではやってみます。1000番の方から。

400番の面を当ててゴシゴシ。

あー本当に片減りしていたんだな・・・

なかなか中心部が平たくなりません。

面直し完了。平たくなったはずです。

反対の3000番もやってしましましょう。

縁の面取りはして置いた方が良いらしい。

まあこういうのも少しずつ勉強ですね・・・

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。