革のコードクリップを作ろうとしてカッティングマシンで切りだしたら、小さすぎたのでネームタグになった件

カッティングマシンあんな高い買い物したのに、稼働率があまり高くないのは私の性格が飽き性だからですかね?

ブラザーカッティングマシンSDX85は厚さ何mmの革までカットしてくれるのか一考察をしてみた – 不器用貧乏によろしく

使い道の今ひとつ定まらないはぎれがだぶつき始めたので、小物を作ろうかなあ?と思っています。誰に配るわけでもないのですが。

そんな中、コードクリップを作ろうとして切りだしたんです。

切り出しました。かっこつけてエンボスまでしたんだが・・・

両面のバネホックをつけてみて、これでコードクリップ完成。と・・・

これが小さすぎて、まとまらないの。もっと計算して作らないとダメです。

まだ材料いっぱい有るんだよね。

貼り合わせてみました。

ネームタグに仕上げてみました。

文字も入れられますが、短いのでせいぜい6文字しか入りません。

うん、中途半端はものは何処までも中途半端です。

AliExpressで購入したハトメ打ちの打ち具(送料別約250円)でNo.200ハトメ打ちができるかやってみた – 不器用貧乏によろしく

ハトメが打てるようになっただけヨシとするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。