ブラザーカッティングマシンSDX85で革財布の部品を切り出してみた。

3Dプリンターで型紙っぽいものを作ったことがあったのですが、もうそれすら必要ない様な気がする。

abrAsusとかSYRINXとか薄い財布の型紙を勝手に想像してみた – 不器用貧乏によろしく

もう一回CADに起こしまして、カッティングマシンで革を切ってみます。

CADで描き直しまして。

何事も無かったようにサクッと切り出してくれます。

こちらも問題有りません。形が揃うって気持ちが良いな。

どんどんボロボロになっていくので、やはり上にクリアフォルダを貼るのは必須のようです。

ブラザースキャンカットSDX85のマットを長持ちさせる方法はすでに先駆者がいたのでやってみた – 不器用貧乏によろしく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。