ブック型付箋メモのホルダーケースが欲しくなったので作ってみた(試作編)

良く粗品でもらうブック型の付箋紙なんですが、あれをそのままカバンの中に入れていると曲がってしまいます。

使いたい時にボールペンがないとか、色々不便なので、ペン刺しの付いたブックメモ付箋ケースなんてものを作ったらどうだろうか?と考えてみた。

パクリネタはコレです。日本のおじさんのパクると怒られちゃうから、AliExpressのデザインパクるんだ。

もう、色々買い揃えましたからね。便利なものはどんどん使っていこう。

立体成形したかったので3Dプリンターで型を作って、絞り出す。

土台の革もカッティングマシンで切り出しておく。同じ形で切れるからもう便利。

組み立てる。ボンドで接着して。

縫い合わせました。

試しに入れてみたら、ぴっちり作りすぎて入らないの。

仕方ないからケースの耳を切った。

完成イメージはこんな感じ。

裏にポケットがあります。

●反省点

ぴっちりしてしまうので、余裕を持ったサイズで型紙を作り直し。

もう少し太いボールペンを納めたいので、ペンフォルダーの部分も少し太くする。

さあもう一回。

ブック型付箋メモのホルダーケースが欲しくなったので作ってみた(試作編)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 巷でよく見る販売促進粗品のブックメモ付箋(L)のケースを作ってみた #レザークラフト – 不器用貧乏によろしく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。