関西のテレワーク率が低いのは、産業構造ではなく心理構造の問題です。

朝日新聞がわかっていて白々しく燃料投下したのか知りませんが、気になる記事を上げていました。

関西のテレワーク率、なぜ低い? 東京4割、大阪2割弱 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

私も関西勤務の経験がございますが、上司は他人を信用しません。

目に見えないところにいる=サボっているという査定をされますので、テレワーク勤務なんかできるわけがないでしょう。

ちょっと「現場見てくるわ」というと、「何時に帰ってくるんだ?なんで今行かなければならないんだ?お前が動くと人件費がいくら掛かるかわかってるのか?」と機関銃のように飛んできます。

まあ当時のどうしようもない上司だけかもしれませんけどね。まあそういう心理構造は彼の地には根付いています。

出張に出ようとならば、管理している間どうせ時間あるだろう?仕事してこいと中古のパソコン渡されて、ゴリゴリやらされましたよ。(時間の無駄)

まあ今となっては、とっとと彼の地から離れてよかったなあと思います。

名古屋ですか?テレワークできません。パソコン配ってくれないし、画面一枚で仕事出来るかっちゅーの。

もう、底辺は割りを食うだけ食いまくってますわ・・・ほんと。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください