安全な小型原子炉の可能性は大いにあると思いますが、日本はかなり周回遅れになってしまうのだろうな

アメリカが脱炭素化を表に出してきたのは、これにある程度見通しが立ったからだと私は思います。

日揮、米原発建設に参加 次世代小型炉で日米連携: 日本経済新聞

アメリカにすれば、この技術でフランスよりも圧倒的な優位に立てば、良いわけです。アメリカの覇権は続きます。

日本にすれば、この技術で使い道に困ったプルトニウムを安全に利用できれば、良いわけです。

水素エネルギーを前面に出していくなか、この原子炉の副産物の水素も利用可能です。

いい話ばかりではないと思いますが、一番の大きな障壁は放射脳なのでしょう。

また日本は大きく周回遅れを走っていくことになりそうな気がします。

福島第一原子力発電所の跡地の利用は、原子力発電所以外使い道がないのにね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください