福島第一原子力発電所はスマートデバイスの実験室なのだろう

スマートグラスを付けて工事現場に入る現場監督はあと何年後に登場するんだろう?

福島第一原発の廃炉作業「スマートグラス」を本格導入 | 福島第一 | NHKニュース

こういうモニタリングする人も、ロボット化するのかも知れませんが、そちらの開発維持コストが人の維持コストよりも下がらないといけないのでまだ少し先かも知れません。

まあここで色々やって試したものをフィードバックして汎用性を持たせて一般社会に普及していくのだろうと思った次第です。

昨日、子供らと「デジタルカメラはだいたい20年前に普及したんだよ」と話をしていました。

スマートグラスが一般化する時代は、わずか数年後かも知れない。もう少し小型軽量化してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください