Excel 2010 で 画像挿入(Pictures.Insert メソッド)の地雷を踏むの巻

お客さんに納品したExcelデータが300個近くあるのだが、電話がかかってきた。

【会話内容】

お客さん:「はぴさーん。整理して貰ったデータの写真が読み込めないんですよ。」

はぴ:「え?こっちにDVDの控えがあるので読んでみますね。あれ?読めますよ。」

お客さん:「え?リンクが何とかって書いてあるよ。リンクで貼り付けしちゃったんじゃないの?」

【会話終了】

他の人のパソコンでそのデータを読み込んだら、やっとお客さんの言っていることを理解した。

「リンクされたイメージを表示できません。ファイルが移動または削除されたか、名前が変更された可能性が有ります。リンクに正しいファイル名と場所が指定されていることを確認してください。」

「うはっは。なんじゃこりゃ?」ということでググってみると、マイクロソフトも認めた仕様変更によるバグらしい。

Excel 2010 で Pictures.Insert メソッドを使用して図をワークシートに挿入すると図がリンク オブジェクトとして挿入される

古いバージョンのExcelで作ったマクロを利用して画像挿入すると、もれなく地雷を踏むと言うことで理解しました。

いまさら、300ファイル1500枚近い写真ファイルを張り直しですか?orz

勘弁してくださいよ。【続く】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください