孔を掘る人間を養成するジオパワー学園ってのが爆誕するらしい

掘削技術者といっても鑿泉技術者いや鉱山系の掘削技術のようですが。

掘削技術者を養成する全国初の専門学校 白糠町に来年4月開校|NHK 北海道のニュース

ボーリング技術を学ぶってことらしいんだが、島田理事さんの経歴から見て、完全に鉱山系の鑿井なんだろうなあと思ったりしています。

孔掘れればみんな同じだろう?って思う人がいますが、陸上競技のフィールド種目と投てき種目くらい違うと思うんですよね。

フィールド種目でも、長距離と短距離と幅跳びと高跳びとあるくらいやることが違うわけだから、まあそんなものを学校で1年学ばせるってのはどうなんでしょう?って思ったりしています。

地熱発電の為の鑿井技術者を養成したいみたいです。

学園の場所は釧路から西に行った原野だそうで。

まあ釧路炭田の流れからなんですかね?

ただ、こんな原野にどういう人がやってくるんだ?脱走したらヒグマに喰われそうな気がします。

【追記】

ホームページも見ないで少し批判的なことを書いてしまいました。

公益財団法人ジオパワー学園設立準備財団 | 未来の再生可能エネルギーと自然との調和を目指す

理事長予定者の人を検索してみると神戸物産の会長さんの名前が出てきました。

バイオマス発電所が隣にあります。どうもここの立地もなんとなく繋がっているみたいです。

・ロータリー掘削コース

・スピンドル掘削コース

・ 掘削管理者養成コース

こういうのが予定されているようです。

まあ私のような者とは視線の高さが違うのだろうなあと思って居ます。はい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください