琥珀の中から8500万年前の新種の「こけ」も気になるが、それよりも世界唯一のコケ専門研究所「服部植物研究所」ってのが気になる

最近、コンクリーションばっかり考えていたら、コケの化石は無いだろう?なんて馬鹿なことを考えていました。

8500万年前の地層から新種の「こけ」見つかる 岩手 久慈 | NHKニュース

琥珀の中から見つかったのね。

葉っぱの化石があるんだから、コケの化石もあるか・・・まあよくわかんないな。

そんな中で、その新種のコケよりも気になったのが「服部植物研究所」ってやつです。

物を知らない私は、料理研究家の親戚?とか思っていたんですが、検索してみたらもっと不思議な研究所なんだと思った。

 

研究所について | 服部植物研究所

なんだこの一軒家は?って所からはじまり・・・

所在地ってのも宮崎県日南市と高知県いの町って・・・

この研究所どうやって経営して運営しているんだろう?と気になりだしたんですが・・・

なんか頭の中にふと浮かんがものがあったので、こういう研究所があるんだなということでブログの記事終了いたします。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください