田舎の7SPOTってバックボーンは何で動いてるんだ?

http://4sq.com/hamZGp

現場に行く途中に立ち寄るセブンイレブンですが、ここはちょっと前まで7SPOTが無かったと記憶しています。

まあ田舎のセブンイレブンですから、光ファイバーも来ないから無理も無いと思っていたのですが、ふとしたところアンテナが立つでは無いですか?

でも公衆Wi-Fiが出るのはなぜか7SPOTしか有りません。

ん?docomoが提供しているんじゃ無いのか?

スピードテストするとこれが意外と早いのですよ。

携帯電話網でやってるんだろうか?

7SPOT

セブンイレブンのサイトで検索したら・・・店すら出てきません。

足助のセブンイレブンは出るのに・・・謎である。

(追記)コメントありがとうございます。

そう言うわけでNTT西日本のサイトを覗いてみたんだけど・・・

 

フレッツ光公式 | NTT西日本 | サービス提供 判定結果

NTTもそこには伸ばしていないてか、足助にも光ファイバー伸ばしていないみたい。

ひまわりネットワークを引いているのだろうか?

 

TransferJetでスマホに吸い上げた写真をバックアップする。(Amazon PrimePhotos編)

AmazonPrime会員なっていたから使い倒してみるか・・・

0.はじめに

昨年、AmazonPrime会員が1000円オフで会員になれる機会(約3000円)があったので、AmazonPrime会員になっちゃいました。

会員になった途端、NECのモバイルルーター(MR-04LN)を特価で購入することが出来たりしたので、そのまま会員継続してもいいかなと思いまして、どうせ会員のままなら使い倒しましょうという気持ちになりました。

AmazonのCyberMondayでNEC Aterm MR04LNクレードル付が8990円(Amazonプライム限定)だったのでポチッとした。 | happyman web

AmazonのCyberMondayで購入したMR04LNがさっそく届いた。 | happyman web

PrimeMusicやPrimeVideoはそこそこ楽しんでいますが、ここではPrimePhotosを使って、TransferJetでスマホに飛ばした写真のバックアップをさせてみることにしました。

1.スマホ側にPrimePhotosを入れる

GooglePlayでPrimePhotosを入れてやる。

Amazonのプライム・フォト – Google Play の Android アプリ

インストールしたら立ち上げてログインしてやる。

自動保存を選択して・・・

フォルダーの管理というところで画像データの入っているフォルダの所にチェックを入れる。

今回はTransferJetのフォルダがあるので、チェックが入っていることを確認する。

これでバックアップは進めてくれる。

2.バックアップ用のパソコンを設定する。

AmazonPrimeの特典として、写真は会員である限り無限の用量を保存できる権限をいただいている。

まあ私は動画にはほとんど興味が無いので、動画をアップロードすることは少ないだろう。

でもこういうサービスっていつデータが飛ぶか不安になってしまうので、パソコンでバックアップしてやることにする。

Amazonのサイトに行って、アプリをダウンロードしてインストールする。

AmazonCloudDriveにログインしてやると、パソコン用のアプリをインストールする。

パソコンのどこのDriveに保存するか選ぶことが出来るので、そこでデータストレージのフォルダを選んでやる。

システムの入ったSSDなんか選んじゃうと悲劇なので、ここはデータ用のHDDを選択した。

これでバックアップができる。

それにしてもファイルツリーが・・・各デバイスの各フォルダという形になっています。

まあどのガジェットで撮ったのか区別したい人には、この方式が良いかもしれないけど、少し私の好みでは無いかもしれない。

 

ちゃんとEXIFは残っていますから、生のデータをそのままバックアップストレージしてくれているのだろう。

3.PrimePhotosで1年前の自分プレイバック

PrimePhotosのアプリで見ると、1年前の写真はこんなんやでという余計なお世話な機能がついているようだ。

昨年の私は・・・やっぱり飲んだくれていたようだ。

さすがに有料のCloudストレージです。

写真を一括バックアップするだけなら、十分使えるサービスだと感心しました。

Amazonは通販だけじゃ無いな恐るべし。

Zenfone3を使うぞ~(2.ワンタッチなスクリーンショットは便利だな) #ZenTour大感謝祭

スクリーンショットがワンタッチでできるのは便利だ!でも・・・

0.スクリーンショットを結構使うんです。

ブログでは新聞記事などの引用にスクリーンショットをついつい多用してしまいます。

新聞記事なんてある時間を過ぎちゃうと消えちゃったりするので、備忘録代わりです。

まあ、パソコンでスクリーンショットを取れば良いんですが、いちいちパソコンを立ち上げるのは面倒くさい。

スマホでスクリーンショットが簡単にとれるなら、こんなにいいことはないよね。

解像度もそれなりに良くなってきたので、そのままブログに投稿しちゃっても、なんとか我慢できるようになりました。

(本当ならもうワンランク上の解像度になって欲しい・・・)

1.Zenfone3のスクリーンショット便利だ。

Android機の標準のスクリーンショットは「電源ボタン+ボリュームマイナスボタン」を同時に押せば出来るのですが、ZenFone3のスクリーンショットは、設定さえしておけば、ワンタッチで出来る。

これは「oh!便利」まではいかないけど、沸々と便利だなあと実感しました。

設定の中にスクリーンショットという欄がある。

スクリーンショットのマルチタスクボタンというところをONにしてやると、ホームボタンと右隣のマルチタスクボタン長押しでスクリーンショットがガシガシ撮れてしまう。

Xperiaだと電源長押しすると、スクリーンショットと言うところが出るので、それを押すとスクリーンショットができる。

まあこれも便利だなあと思っては居たが、それ以上に便利である。

 

2.Zenfone3のスクリーンショットはDropboxに自動アップロードされない。

Android機は、スクリーンショットを撮るとDropboxの「camera uploads」にアップロードされるもんだと思ってました。

SONYのXperia、SamsungのGALAXYもそうだったので、それが当たり前だと思っていた。

Zenfone3はそれがありません。気がつくのに時間かかりましたが、あれ?とDropboxを覗いたらいつもと違うなあと思ったのでありました。

まあASUS社の設計方針なのでしょう。

まあ逆にDropBoxで「スクリーンショットをUploadしないという設定」も出来ないようなので好みは分かれる問題ではある。

 

3.Dropsyncを入れてDropboxにスクリーンショットを流し込む。

Dropboxにあるフォルダのデータを流し込みたいというアプリはあるので、そのアプリを使って「Camera Uploads」のフォルダにスクリーンショットを流し込んでやる設定をしてやる。

ここではDropsyncというアプリを使うことにした。(まあ有名だよね?)

 

Autosync Dropbox – Dropsync – Google Play の Android アプリ

立ち上げるとまずDropboxに接続してやり・・・

何を同期するのか設定してやる。

上段は、Zenfone3のスクリーンショットフォルダ。

下段は、Dropboxの同期したいフォルダになる。

同期の方法というところを双方向にしてしまったが、Uploadしたいだけなのでデータの同期はしないほうが良さそうだ。

 

まあこれでスクリーンショットも使いやすくなった。

文章の長いブログを書くのはどうしてもキーボードのあるパソコンになってしまうので仕方ない。