Seriaで販売されている小物ケースSIKIRI30に内ケースを入れたくなったので3Dプリンターで作ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レザークラフトなんぞやっていると、細かいボタンとかカシメがくちゃくちゃになってきます。

Seriaに行ったらこんなものを見つけてきました。

あぁこれ良いですね。細かいものが区分けして入る。

こんな感じで種類別に納めることが出来ます。便利!って思ったのですが。

入れにくい。ひっくり返したり、コンタミしたら地獄だなあと思ったわけです。

内ケースを作る?内蓋を作る?と言うことでやってみることにしました。

こんな具合でいかがでしょうか?

出力してやりますが、これはスパイラルモードが良さそうです。

3Dプリンターのスパイラルモード初心者に良いモデルをThingiversで見つけたので出力してみた #3Dプリンター #KingroonKP3 #kaika │ なんで~も出します 3Dプリンタ~

3Dプリンタの黒魔術[スパイラルモード]|はるかぜポポポ|note

こんな感じで出力されました。良いジャマイカ?

調子よく作っていったのは良いのですが・・・ぴっちり作りすぎて蓋が閉まりませんorz

こんな時はcuraさんに相談だ。

ほんのちょっとだけ小さくと言うことがcuraさんは出来る。

もちろん壁厚より小さくなったら出力されませんが。

まあこんな具合にちょっとずつ小さくってことができます。

3Dプリンターでマトリョーシカのような重ね箱を簡単に作ってみた #3Dプリンター │ なんで~も出します 3Dプリンタ~

そう言うわけで上手く収まりました。

蓋も出来ます。ただこれ一個ずつしか出力出来ない(約20分)のが困ったものです。

これならいろんな色で作り分けたら、入れる中身の種類によって分けるとか出来ますね。

こんな時はこんなフィラメントが良さそうです。

【今回使用したフィラメント】PLA黒

【今回使用したノズル】0.4mm

3DPrinter保守部品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

Amazon プライム対象