LIVA君(liva-c0-2g-32g-w-os)をWindows10にアップデートするのにえらい苦労した。

元旦早々、苦労したネタである。

実際は、年末の暇な時間にやったのですが、自宅にあるWindowsマシンをWindows10にしようとゴニョゴニョやっていました。

一発目はLIVA君(liva-c0-2g-32g-w-os)となりました。

アウトレットで32GB版を安く買っちゃったのであるが、それが裏目に出てしまったのでありました。

ECS – LIVA Windows10サポート

手こずるのは解ってたので、ここに書いてる手順に従ってやりました。それでも手こずった。

1.空き容量が全然足りなくて頓挫する

いきなりやり方間違えて、エラーが出たりとごちゃごちゃしましたが、一番行き詰まったのが空き容量がないのです。

空き容量が8GBくらいしかなくて、12GBくらい空き容量が必要らしい。

でもアプリなんか「chrome」「Janetter」「LINE」「Teamviewer」くらいしかない。

ダウンロードファイルとか色々消しても、空き容量は10GBしか確保できない。

ほとほと困り果てて、いろいろ調べた結果、ここのファイルを消すことで事なきを得た。

 C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download(windows updateのダウンロードファイル)

ハードディスクの不要なデータを徹底削除!ここまでやれば十分リスト|エンジョイ!マガジン

それで確保できたのが空き容量15GB確保できた。やっとアップデートできる。

これがTeamviwer経由でやってしまったので、またコケてしまう。

ディスプレイもくっつけてもう一回やり直し。

 

2.有線LANがつながらなくて頓挫する。

やっとWindows10にアップデートできたと思ったら、今度は有線LANが認識しない。

ECS – LIVA Windows10サポート、Windows8.1 with Bingからのアップグレード方法

もう一度これをやり直すことで、つながるようになりました。

これに気がつくのにも一苦労でした。

 

そういうわけで、最低限の環境にして、しばらくテストします。

強震モニタのテストってのが、不謹慎といえば不謹慎なのですが・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です