ど素人でもBIOSをUpdateするには、UNetbootinを使うと良いようだ(ただし自己責任)

パソコン弄っててもBIOSをいじるのは、こんな私でも怖いので滅多にしたことがありませんでした。

BIOSをいじるにはMS-DOSの起動ディスクを作ってとかあるようですが、起動ディスクってフロッピーすらもう存在しないのにどうやるんだ?と悩んでしまった。

試行錯誤しながら、最終的に行き着いたのは、UNetbootinというアプリを使うのがいいようだ。

UNetbootin – Homepage and Downloads 

UNetbootin, Universal Netboot Installer 日本語情報トップページ – OSDN

UNetbootinってLinuxをインストールするときにUSBに起動システムを入れるのに利用した。

逆に言えばLinuxをインストールするときにしか使わないものだと思っていました。

FreeDOSの起動ディスクも作れる。

ワンタッチでFreeDOSの起動ディスクができた。

中身はこれだけ・・・見たことのないファイルが入っている。

BIOSを焼くためのファイルを入れて、準備完了。さてMSI U100に焼いてやりましょう。

Linux mintをポメラのように使うことにする

ポメラ(DM100)が買えないのでMSI wind netbook U100 Vogueを何とか実用的にしてみる。

テキスト入力用にポメラ(DM100)が欲しいなあと思っているが、二万円もするので衝動買いできるようなものではない。

仕方ないので、SSDに換装したまま放置状態だったMSIのネットブックをポメラっぽく使えるように設定をしてみた。

とりあえずLinux Mintのチャカつく問題はクリアーできた。

 

 

テキスト入力に使うエディターはnvPY+sympleNoteで行くことにした。

これなら入力したテキストがクラウド経由で同期できるので、他のPCやスマホでも作成したテキストを見たり編集したりすることができる。

これで、テキスト入力・編集をするための環境が出来上がった。

このままではsimpleNoteと同期ができないので、このサイトを参考に、同期ができるように設定した。

 萌え萌えmoebuntu UbuntuでSimplenote

そういうわけでポメラの買えない私は、これでしばらく使ってみたいと思う。

vivotab note8で今までやっていましたが、やっぱりキーボードがくっついている方が手間がないなあと思った次第です。

あと日本語入力環境の整備かなあ・・・

MSI wind Netbook U100 VogueにBIOS1.0Gを焼いてやる

準備完了したので、MSI wind Netbook U100 VogueにBIOS1.0Gを焼いてやる。

メモリーカードでブートしてやる。

2のセーフモードで起動させる。1を選んでしまうと、本体のHDD(SSD)にFreeDOSをインストールしてしまうらしい。

DOSが起動した。

コピーしたBIOSをアップデートするプログラムが見つからない。あれれ?どこに行った?

Cドライブに変更したら、ファイルが有った有った。

BIOSを焼くときはACアダプタが接続していないと起動しない。

flash.batを起動させて・・・

焼付け完了。

BIOSの書き換え完了。

さて、OS(Linux mint)を起動させたら、不規則なチラツキは消えた。

大成功!