Windows7マシンにBluetooth4.x系のドングルを付けたい(失敗編)

2018年3月6日

年末に、馬鹿騒ぎして買った耳栓型のBluetoothイヤホン(TWS-EH10)である。

これね・・・

EonfineのBluetoothイヤフォン(TWS-EH10)開封の儀 – happyman web

“TWS-EH10” の検索結果 – happyman web

[amazonjs asin="B06XSGGXTF" locale="JP" title="Eonfine Bluetooth イヤホン 左右独立型 ブルートゥース イヤホン 高音質 モバイルバッテリー付き 片耳 両耳対応 日本語説明書 技適認証済"]

使い古したAndroidスマホ(GalaxyNote2)との相性は悪くなく、寝ているときもラジオ(radikoもしくはらじるらじる)が聴くことができるし便利になりました。

ただ、耳栓としての最終目標は、職場で使っているWindows7マシンから低音量で音楽(ottava)を流し、隣の馬鹿でかい独り言を消すことである。

インターネットラジオ OTTAVA

[amazonjs asin="B00I8H1CUY" locale="JP" title="キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト"]

なおキングジムの耳栓は、人間の声の騒音(独り言)には役に立たないことは強く申し上げておきたい。

Amazon | PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] | プラネックス | 無線LAN子機 通販

いままで使っていたドングルは、プラネックス社製のBT-Micro3E1XZである。 

一応Bluetooth3.0なんですが、こいつとBluetooth耳栓(TWS-EH10)との相性が悪いのか音質が悪いのです。

いろいろ調べてみると、Windows7はBluetoothのA2DPプロファイルというのを標準で持ち合わせていないとのこと。

HFPプロファイルで接続してくれちゃうようです。うーんややこしくなってきた。

Bluetooth|BT-Micro3E1X|PLANEX

プラネックスの最新ドライバをダウンロードして組み込んだんだけど、それでもあまり芳しくない。

東芝のBluetoothスタックを組み込めば良いと言う話もあり、組み込んだんだけど使用期限がチラチラして使えなくなる。

レジストリいじったら良いとかあるんだけど、レジストリ弄るのなんかこのマシン制限入ってるのよね・・・

仕方ないのでドライバがちゃんとあるBluetooth4.xのドングルを購入することにしました。

いろいろAmazonで調べてみると・・・

[amazonjs asin="B00COU5RP2" locale="JP" title="I-O DATA Bluetoothアダプター Class 2対応 4.0+EDR/LE対応 USBアダプター USB-BT40LE"]

Amazon | I-O DATA Bluetoothアダプター Class 2対応 4.0+EDR/LE対応 USBアダプター USB-BT40LE | アイ・オー・データ | Bluetoothアダプタ 通販

[amazonjs asin="B078W4L79S" locale="JP" title="【Newiy Start】bluetooth アダプタ windows10 apt-x対応 bluetooth レシーバー usb アダプター 小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 ブルートゥース ドングル(改良版)"]

Amazon | 【Newiy Start】bluetooth アダプタ windows10 apt-x対応 bluetooth レシーバー usb アダプター 小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 ブルートゥース ドングル(改良版) || Bluetoothアダプタ 通販

こんなのがあるみたい。

まあ安定動作を狙うのなら、日本メーカーでしょうとI-ODATAを選択しました。

買いました。

付けてみた。反応しない。

ドライバー組み込んで、Bluetoothの機器をペアリングしようとしても全然出来ない。

なんじゃこりゃー!不良品を掴まされたのか?

自宅のWindows10マシンでは何食わぬ状態で動いている。

どうもWindows7マシンにBluetooth4.xのドングルを付けるのって難しいみたい。

私には難関なのだろうか?