kaika604を長生きさせるために、クリーニングフィラメントを使ってみた。 #kaika #Kingroon_KP3 #3Dプリンター

3dbenchyのテスト出力を終えましたので、私のやりたかったことに移行しようとしたら、やっぱり調子が出ません。

kaika604を装着したKingroon KP3で3dbenchyを出力してみましょう(実は初体験) #kaika #Kingroon_KP3 #3Dプリンター - happyman web

レベリングの調子が今ひとつなんです。原因はなんとなく解っているのですが、精密なノズルだけに反応もピーキーな気がします。

3Dプリンターとダイカットマシンで、革の型押し(エンボス加工)にはまっています – 不器用貧乏によろしく

革の型押し用の型に挑戦と言うことで、レベリングの調整が底面積の広いものは難しいことは理解しました。

さてやっと出力出来ると意気込んだら、トラブル発生しました・・・

フィラメントの焦げつきが出るようになってしまいました。これはいけません。

ノズルが詰まったら、目的に達する前に悲しいことになります。

3Dプリンターのクリーニングフィラメントなるものを購入してみた #3Dプリンター #Kingroon?_KP3 - happyman web

クリーニングフィラメント!ちゃっちゃら~見せてもらおうか!クリーニングフィラメントの実力とやらを。

このフィラメント、かなり柔らかいので、チューブを外してここから入れてやるしかありません。

押し込んだら、PLAフィラメントを入れます。

バカですねえ、クリーニングフィラメントが白くて、入れるフィラメントが白い。

どこまでクリーニングフィラメントだか解りませんやん。

では出します・・・でろーーーーーーーん。案の定白いです。

わかりません。まだたぶんクリーニングフィラメントだと思う。

白いから、わかりません。

焦げは付いていません。焦げ付いていなかったようです。

プチッと音がしたので、ここでフィラメントが終わったみたいです。

kaikaノズルとフィラメント温度の相性もあるらしいので、これはなかなかのじゃじゃ馬なノズルのようです。

フィラメントの推奨温度よりもさげて使うのが正解?試行錯誤が続きます。

あーこれは先端で焦げたヤツだな・・・。とりあえず役に立ってます?