Kingroon KP3でネジをプリントできるようになるまでの長い道のり #Kingroon KP3

先に、お礼書いておきます。

Fusion360でM6のネジをかいて3Dプリンターで作った。 - マトリョーシカ的日常

ここのサイトをほとんど参考にしました。ありがとうございました。

3Dプリンターをゲットしたらまずやりたいこと・・・それはボルトとナットの製作であります。(そこか?)

テストプリントでもボルトとナットを何個も出しているのですが、形は出来ても合体できない。

うーん、めんどくさくなった。ホームセンターでボルトとナットを買ってくればと思いだしたのですが、真面目にやることした。

1.失敗例1(ねじ山がプリントされません)

ネジのモデルを作りましょう。

平面から立体を作って・・・

ねじ山切った!さあプリント・・・

ねじ山プリントされてませんorz

2.失敗例2(ネジがはまりません)

ねじ山がプリントされなかった原因は、ねじを作った時に「モデル化」にチェックを入れていなかったことが原因です。

さあできた!おまけにテーパーも付けたよ!

出来ました!ねじ山も綺麗にでました!・・・でもはまりません。

3.成功例(ねじ山やっとプリントできました)

いろいろGoogleで調べてみたのですが・・・どうも断面解析しておいた方が良いらしい。

上手く行かなかったモデルの断面を見ていると・・・あ・・・テーパーが邪魔してますやん。

余計な事をしてしましました。

今度は何もしていないモデルです。

噛み合っています。ただこれではぴったりなので現物でははまらないのだそうです。

ナット側(メス側)のねじに0.1mm程度、オフセット(マイナス方向)にかけてやります。

ボルト側(オス側)を引っ込めても上手く行かないとネットで見ました。(試していません)

これくらいのクリアランスを作ってやると・・・

できました~!長い道のりでした。はい。