GalaxyNote Edgeのペンデバイスを試してみた #GALAXYアンバサダー

GalaxyNoteと言えば、大画面でペンで色々出来ることが、他機種と全く異なる点であり、僕もこれをGalaxyNote2で重宝している。

(上がGalaxyNote2のペン・下がGalaxyNote Edgeのペン)

最初にGalaxyNote Edgeのペンを触ってみたときは、しょぼい感が有ったのだが、色々試して居るうちに納得できる部分も出てきた。

ペンの脇に付いているクリックボタンをだいぶ多用するように進化しているためこんな感じになったのだろう。

ペンの形はGalaxyNote3からその形のようだ。

本体からペンを抜くと、もしくはペン脇ボタンをダブルクリックすると、エアコマンドというのが出てくる。

エアコマンドが出てくるのはGalaxyNote3からだそうだ。

(脇ボタンのダブルクリックに気がつくのに少々時間がかかった(苦笑))

エアコマンドは4つにへって、ペン先で選んでやることになる。左から順番にこんな感じ。

1.アクションメモ

ペンで手書きメモが起動する。起動するのが早いので、ストレスがない。

2.スマート選択

これは左上と右下の2点選択で、画面をキャプチャできる機能。

一度画面を取り込んで、矩形で囲む方式ではなくなっているので、仕事は早い。

これも好印象。

3.画像クリップ

ペンで雲形を作ってやるとそこだけクリップしてくれる。

これは写真の切り抜きに使うのだろうな・・・

4.スクリーンライト

これがGalaxyNote2でやってる「脇ボタンクリック+ペン先押し」のコマンド。

画面全体キャプチャとなる。

あ・・・これだけ試しただけでも便利だわ!これ。

GalaxyNote3を電気屋で触ってきたのですがSペンはどんどん進化してる!って感じです。

(iPhone6Plusではこんなことできないもんなあ・・・)

あー機種変更したくなってきた(つづく)