Chromebookには、公衆無線LANアプリ「ギガぞう」が必須のようだ

AppleのMacBookでドヤラーやってる人にはどうでもいい話なんですが、貧乏人の味方Chromebookの話題を書いていこうと思う。

Chromebookは、Chromeブラウザでアプリが動くので、ノートパソコンよりもネットに繋がっていないとただの文鎮感が強いのであります。

携帯回線を使うSIMスロットを搭載しているモデルはまだあまり出回っていないとなると、インターネットに接続するには以下の方法を取るしかない。

1.スマートフォンによるテザリング

2.モバイルルーターの使用

3.公共無線LANスポットの利用

私のような、ノラノラおじさんだと、「3」の公共無線LANはフル活用したいというところであります。

私はMVNOであるiijmio系のBicSIMユーザーでありまして、これの長期ユーザーの特典に、Wi2やau Wi-Fiなどの無線LAN回線を無料で利用できる権利を持っています。

 

BIC SIM専用プラン「ギガぞう Wi-Fi」|ビックカメラの格安SIM・BIC SIM(ビックシム)

ここのところ無料で使い倒している楽天モバイル一択で問題がなかったので使っていなかったのだが、使ってみることにした。

こんな画面で起動しまして・・・

まあこんな具合に接続できます。

アプリに接続情報が登録されているので面倒なログイン手続きが一切不要なので、Wi2などなどが使えるところではすぐに使用開始できます。

ただし、アプリの二重起動をするとエラーが頻発するので、バックグラウンドで起動させているときは注意が必要な感じ。 

 

 ギガぞう – 公衆無線LAN Wi2 300、Wi-Fiソリューションを提供 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス