3Dプリンター(Kingroon KP3)でPITATT 3D print maskをプリントしてみた #PITATT3Dmask #Kingroon_KP3

2020年4月20日

新型コロナウイルス感染騒動で、3Dプリンターでプリントするマスクなんてものをよく見るようになりました。

Twitterでこのツイートを見て、じゃあ私も、Kingroon KP3で出力してみましょうというのが今回のお話しです。

PITATT 3D Print mask | Rootech360

他にも3Dプリンターマスクのサイトありますけど、これが結構おしゃれですからねえ・・・やってみる気になった次第です。

では・・・おっさん用の右を選択しました。

curaでスライスしまして・・・サポート材不要と有ったので、サポートなしで。

フィルタ交換可能な3Dプリントマスク「PITATT 3D print mask」 | 3DP id.arts

ただ底面はブリムでスライスしました。

じゃあプリント開始!

順調順調・・・

ん?!止まる。どうやらKingroon KP3の電源がおかしいらしい。あー!これでぽしゃるのか。

再試行できないし・・・おわった。それにしても嫌な止まり方をした。故障か?

気を取り直してもう一度。スライスはやり直し。

今度は順調か??

なんかケバケバは若干残っているが、プリントアウト終了。

こんなものが出来ました。

組み立てるとこんな感じです。

装着写真はありませんが、これ・・・意外と快適です。

素材はPLAですけど、硬いのが逆に良い感じで使っていても疲れません。

不織布マスクよりあーあって感じになるかと思いきや、色さえ考えれば普段使いで全然問題ないような気がします。

ゴム紐の所もよく考えています。

あとは洗って使う事を考えれば、もう一つ出力した方が良さそうです。

開発者が指定する設定で再度出力しました。

PITATT 3D print maskの開発者さんが、生産協力者を募集している(中止になった)ようなので、Kingroon KP3で設定見直して出力してみた #PITATT3Dmask #Kingroon_KP3 | happyman web