遅ればせながらふるさと納税(2019年)をすることにした。米はいつ食べるの?編。

2019年12月31日

かみさん:「「ふるさと納税」やりたいんだけど、何が良いかなあ?」と私に声をかけてきました。

はぴまん:「ん?ふるさと納税?めんどくさいなあ。インチキ○佐野市なんてのもあったなあ。」と返答。

かみさん:「返礼品が米が良いんだけど。お金が余ったらお酒も良いから」とのこと。

ニンジンをぶら下げられては仕方有りません。ずっと避けて通っていたふるさと納税やりますか・・・

はぴまん:「楽天市場でやるとポイントもくれるんだけど、もらっていいですか?」と聞いたら、OKをいただきまして、何も考えずにふるさと納税の検討に入ります。

【楽天市場】ふるさと納税|ジャンル別お礼の品ランキング – 米・雑穀

こういうのは百戦錬磨の諸先輩に学ぶに限るとおもいまして、素直にランキングに従うことにします。

ただ、どうやらよく見てみると米の返礼品はもらえる時期によって二種類に分けられるようだ。

・令和元年度に採れた米 (もう現物有ります):例えば酒田市の例

最終日間近になると売り切れます。でも酒田市はもう1個サイトがありました。

ここは辛うじて残っている。同じ酒田市でも農協が違うんだね。

どちらにしても3月末までに返礼品が届きます。

・令和2年度に採れる予定の米 (これから作ります)

 これから作る米は受注生産ですから、売り切れというのが無いようです。

まだ出来ていない物を買うようなスタイルは少し怖いですが、まああくまで寄付ですから、そういう邪心は持っていけないようです。

ぱっとみて目に止まったのが、この2つ。

うちには食べ盛りがおりますからねえ、偏食の上の子も米は喰います。

定期便というのがかみさんにも気に入ったみたいで、これにしました。

30kgコースというのも有るのだが、なんか60kg行ってみようということになりました。

なんかこれで私の限度額ほぼ終了のような気がするんですが・・・

まあかみさんは納得したようなので良しとします。