DELL XPS15 2in1は使い続けて快適なノートパソコンだと思う #デルアンバサダー

やっぱりハイスペックなマシンって、どこにも妥協がないので、「快適」以外の言葉がありません。

実はDELLさんが3回目のアンバサダー(ノートパソコン XPS15 2in1)をさせてくれるのですが・・・アホみたいに忙しいので一週間塩漬けでした #デルアンバサダー | happyman web 

今回モニターしているDell XPS15 2in1のスペックを紹介しよう #デルアンバサダー | happyman web

アホみたいに仕事が忙しので、DELLさんに借りたXPS15 2in1にMicrosoft Office365 solo(試用版)をインストールした。 #デルアンバサダー | happyman web

ずっと仕事で使い倒していたのですが、もう手放したくない気分です。

天板は高級質感そのものです。

A4の紙と大きさを比較してもあまり大きく感じませんが、これで15.3インチです。

ベゼルが極薄ですから、巷で流通しているマシンより優越感に浸ってしまいます。

キーボードは一ヶ月前に借りたXPS15と同じものを使っていると思うのですが、こちらの方がなんか打ちやすいです。

もしかしたらキーストロークの微調整が入ってるかもしれないです。(やや深くなった印象)

DELLさんが2回目のアンバサダーをさせてくれるらしい。(ノートパソコンXPS15) #デルアンバサダー | happyman web

グレアパネルの画面の照り返しも弱くなっているので、色々改良がされている印象です。

左側面についているのはUSB-Cポート2つとmicroSDの差し込み口だけ。

左側のUSBポートから電源をいれる。(右側は出来ないことも無いが、充電時間がかかるみたい)

右側の側面はUSB-Cポート2つとヘッドフォンジャック。

こちらのポートは外部ディスプレイポートを兼ねている。

最近は全部汎用で接続できるし、小さいからスタイリッシュだなあと思う。

その分、コストが高くなるのでしょうけれど。

これが2in1機の突出したメリットである。bluetoothで接続するデル・アクティブ・ペン。

デル・アクティブ・ペン – PN557W | Dell 日本

中にマグネットが仕掛けてあるので、この部分に載せると、ひっつく仕様になっています。

少しパソコンを動かした時に、下に落下することはありません。

私がノートパソコンを余り使いたくないのは、トラックパッドが上手く使えないからです。

特に「範囲指定」のようなドラッグは苦手で、常にトラックボールを持ち歩いています。

トラックボールも結構大きいのでかさばるのですが、作業能率を考えたらこれが一番でした。

しかし、デルアクティブペンで十分にその役目を果たせます。しかもコンパクトです。

Bluetooth接続のため、マウスのクリックも信号で送れるので、すごく能率がいいのです。

マイクロソフトのSurfaceも同じようなペンを使っていますが、仕事をするノートパソコンはタッチディスプレイとペン入力が当たり前になるような気がします。

絵や手書き文字などを描かなくても、Excelシートを操作するだけでも能率が全然違います。

外でパソコン仕事をする人には、画面が広い割にコンパクトで、さらに入力が楽なこのマシンは本当に良いと思う。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください