Minecraft(BE)の最新アップデートがAndroidとWindows10に降ってきたら・・・化学機能が使えるようになった!

昨日、帰宅したら、上の子がサルのようにタブレットでマインクラフトをやっていた。

「アップデートが降ってきた!」と言っている。そして「Hって何?」とか聞いてくる。

は?と思って見てみたら元素記号表がでている。どうやら教育版マインクラフト化学モジュールが使えるようだ。

Windows10版も連動しているだろうから、ちょっとやってみることにした。

久々にWindows10版のマインクラフト起動。

新しいワールドを作ろうとしたら、「Education Edition」というスイッチが出てきた。

EducationEditionの化学機能を有効にするとメモリを結構食うらしい。

元素記号表登場。すげーなんか頭痛くなってきた。

化合物作成器というのをセットする。

化学式通りに元素を入れてやると、水が出来た!すげー。

酸素一個増やしたら・・・過酸化水素できてます。

塩化ナトリウム(塩)もできるし・・・

水酸化ナトリウムもできた・・・

でもなぜか・・・HClっていれても・・・塩酸できないの・・・なんで?

硫酸も出来ません・・・うーん酸はつくれないのだろうか?

化合物作成器に親子共々はまるが「酸」は作れないのか?

厳密に、塩化水素も硫化水素も気体だから、水溶液って扱いにはならないのか・・・

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください