Linux mintをポメラのように使うことにする

ポメラ(DM100)が買えないのでMSI wind netbook U100 Vogueを何とか実用的にしてみる。

テキスト入力用にポメラ(DM100)が欲しいなあと思っているが、二万円もするので衝動買いできるようなものではない。

仕方ないので、SSDに換装したまま放置状態だったMSIのネットブックをポメラっぽく使えるように設定をしてみた。

とりあえずLinux Mintのチャカつく問題はクリアーできた。

 

 

テキスト入力に使うエディターはnvPY+sympleNoteで行くことにした。

これなら入力したテキストがクラウド経由で同期できるので、他のPCやスマホでも作成したテキストを見たり編集したりすることができる。

これで、テキスト入力・編集をするための環境が出来上がった。

このままではsimpleNoteと同期ができないので、このサイトを参考に、同期ができるように設定した。

 萌え萌えmoebuntu UbuntuでSimplenote

そういうわけでポメラの買えない私は、これでしばらく使ってみたいと思う。

vivotab note8で今までやっていましたが、やっぱりキーボードがくっついている方が手間がないなあと思った次第です。

あと日本語入力環境の整備かなあ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です