LIVAにwake on LANのマジックパケットを出してもらう(Teamviewer編)

LIVAにやってもらいたいことの二つ目は自宅にある電源の切れているパソコンに起こす役目である。

wake on LANのコントロールをLIVAにやって貰おうと言うことだ。

最終的には、SoftEtherにやってもらおうとは思うのだが、とりあえずTeamviewerでやることにした。

起こしたいパソコンのTeamviewerでまず設定してやる。

その他→全般にwake-on-LANと言うところがあるので、そこをクリック。

今回はローカルネットワーク内で起こすため、そこにLIVAのIDを入れてやる。

LIVAのTeamviewerで見てやると、起動ボタンというのが出来ている。

そこを押すとスイッチオン!寝ていたパソコンが起動する。

これは別にLIVAのTeamviewerを動かしてやる必要は無く、別に自宅外で動かしているパソコンで起動ボタンを押してやれば、電源が入る。

別に電源入れるだけならSoftEtherを導入しなくてもいいなあと思ってしまうほど便利であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です