遅ればせながらU-mobileの2ヶ月無料お試しサービスを始めてみた

もう4月で終わっちゃうかなあ?と思っていたんだけど、まだやってるみたいなので、U-mobileの無料2ヶ月お試しサービスを始めてみることにした。

トライアルキャンペーン | U-mobile(ユーモバイル)

まあ1ヶ月5G使えるみたいだし、この画像のようにZenfone3に入れちゃえ。

とっても簡単らしい。

まあiijmioもmineoも使ったことあるからまあ困ることは無いだろう。

さあセットしよう。

mineoさんお疲れさまでした。

入れ変え入れ変え・・・Zenfone3は簡単に入れ変えられないのでと・・・

DSDSだからdocomo/docomoの表示になりました。

Zenfone3はちゃんとU-mobileがプリセットされているので・・・

それを選択して・・・

何もしなくても設定完了している。

あっという間にもう通信出来ますよ。

この時間だから、速度それなりに出ますな。

mineoさんは、もとのXperia Z3 SOL26に帰っていただきました。

 

Zenfone3に写真フォーカス大爆音を修整するアップデートが降ってきた #ZenTour大感謝祭

年末にいただいたZenfone3ですが、快適に使わせていただいております。

前々から気になっていた、写真撮影の時のフォーカス音の爆音なのですが、なんとアップデートが降ってきました。

Zenfone3を触ってみた(2.カメラは良いゾ編) #ZenTour大感謝祭 | happyman web

大爆音を何とかならんものかとtweetまでしましたが、アップデートが降ってきました。

おー降ってきましたよ。

1.カメラのフォーカス音を調整と書いてありますがな。

それではポチッとなって・・・アップデート648.83MBってでかくない?

ガリガリは言いませんが・・・焼いてます焼いてます。

失敗されても困るのですが・・・

そういうわけで、フォーカス音の大爆音は普通のシャッター音程度と同じ大きさになりました。

出来ればもう一段階小さくても良いなあと思うのですが、仕方ないですかね?

2.APNリストの更新

これはMVNOの設定リストが増えたのでしょう

3.GoogleMobileServiceのアップデート

え?このサービスの更新ってマシンのファームでやるのか?

Android – Google モバイル サービス

4.テーマアプリの安定性向上

うーん?これは検証するのが難しい。

Android7(Nougat)は降ってくるのでしょうか?

Zenfone3を使うぞ~(2.ワンタッチなスクリーンショットは便利だな) #ZenTour大感謝祭

スクリーンショットがワンタッチでできるのは便利だ!でも・・・

0.スクリーンショットを結構使うんです。

ブログでは新聞記事などの引用にスクリーンショットをついつい多用してしまいます。

新聞記事なんてある時間を過ぎちゃうと消えちゃったりするので、備忘録代わりです。

まあ、パソコンでスクリーンショットを取れば良いんですが、いちいちパソコンを立ち上げるのは面倒くさい。

スマホでスクリーンショットが簡単にとれるなら、こんなにいいことはないよね。

解像度もそれなりに良くなってきたので、そのままブログに投稿しちゃっても、なんとか我慢できるようになりました。

(本当ならもうワンランク上の解像度になって欲しい・・・)

1.Zenfone3のスクリーンショット便利だ。

Android機の標準のスクリーンショットは「電源ボタン+ボリュームマイナスボタン」を同時に押せば出来るのですが、ZenFone3のスクリーンショットは、設定さえしておけば、ワンタッチで出来る。

これは「oh!便利」まではいかないけど、沸々と便利だなあと実感しました。

設定の中にスクリーンショットという欄がある。

スクリーンショットのマルチタスクボタンというところをONにしてやると、ホームボタンと右隣のマルチタスクボタン長押しでスクリーンショットがガシガシ撮れてしまう。

Xperiaだと電源長押しすると、スクリーンショットと言うところが出るので、それを押すとスクリーンショットができる。

まあこれも便利だなあと思っては居たが、それ以上に便利である。

 

2.Zenfone3のスクリーンショットはDropboxに自動アップロードされない。

Android機は、スクリーンショットを撮るとDropboxの「camera uploads」にアップロードされるもんだと思ってました。

SONYのXperia、SamsungのGALAXYもそうだったので、それが当たり前だと思っていた。

Zenfone3はそれがありません。気がつくのに時間かかりましたが、あれ?とDropboxを覗いたらいつもと違うなあと思ったのでありました。

まあASUS社の設計方針なのでしょう。

まあ逆にDropBoxで「スクリーンショットをUploadしないという設定」も出来ないようなので好みは分かれる問題ではある。

 

3.Dropsyncを入れてDropboxにスクリーンショットを流し込む。

Dropboxにあるフォルダのデータを流し込みたいというアプリはあるので、そのアプリを使って「Camera Uploads」のフォルダにスクリーンショットを流し込んでやる設定をしてやる。

ここではDropsyncというアプリを使うことにした。(まあ有名だよね?)

 

Autosync Dropbox – Dropsync – Google Play の Android アプリ

立ち上げるとまずDropboxに接続してやり・・・

何を同期するのか設定してやる。

上段は、Zenfone3のスクリーンショットフォルダ。

下段は、Dropboxの同期したいフォルダになる。

同期の方法というところを双方向にしてしまったが、Uploadしたいだけなのでデータの同期はしないほうが良さそうだ。

 

まあこれでスクリーンショットも使いやすくなった。

文章の長いブログを書くのはどうしてもキーボードのあるパソコンになってしまうので仕方ない。