カテゴリー別アーカイブ: Zenfone3

Zenfone3に写真フォーカス大爆音を修整するアップデートが降ってきた #ZenTour大感謝祭

年末にいただいたZenfone3ですが、快適に使わせていただいております。

前々から気になっていた、写真撮影の時のフォーカス音の爆音なのですが、なんとアップデートが降ってきました。

Zenfone3を触ってみた(2.カメラは良いゾ編) #ZenTour大感謝祭 | happyman web

大爆音を何とかならんものかとtweetまでしましたが、アップデートが降ってきました。

おー降ってきましたよ。

1.カメラのフォーカス音を調整と書いてありますがな。

それではポチッとなって・・・アップデート648.83MBってでかくない?

ガリガリは言いませんが・・・焼いてます焼いてます。

失敗されても困るのですが・・・

そういうわけで、フォーカス音の大爆音は普通のシャッター音程度と同じ大きさになりました。

出来ればもう一段階小さくても良いなあと思うのですが、仕方ないですかね?

2.APNリストの更新

これはMVNOの設定リストが増えたのでしょう

3.GoogleMobileServiceのアップデート

え?このサービスの更新ってマシンのファームでやるのか?

Android – Google モバイル サービス

4.テーマアプリの安定性向上

うーん?これは検証するのが難しい。

Android7(Nougat)は降ってくるのでしょうか?

Zenfone3を使うぞ~(2.ワンタッチなスクリーンショットは便利だな) #ZenTour大感謝祭

スクリーンショットがワンタッチでできるのは便利だ!でも・・・

0.スクリーンショットを結構使うんです。

ブログでは新聞記事などの引用にスクリーンショットをついつい多用してしまいます。

新聞記事なんてある時間を過ぎちゃうと消えちゃったりするので、備忘録代わりです。

まあ、パソコンでスクリーンショットを取れば良いんですが、いちいちパソコンを立ち上げるのは面倒くさい。

スマホでスクリーンショットが簡単にとれるなら、こんなにいいことはないよね。

解像度もそれなりに良くなってきたので、そのままブログに投稿しちゃっても、なんとか我慢できるようになりました。

(本当ならもうワンランク上の解像度になって欲しい・・・)

1.Zenfone3のスクリーンショット便利だ。

Android機の標準のスクリーンショットは「電源ボタン+ボリュームマイナスボタン」を同時に押せば出来るのですが、ZenFone3のスクリーンショットは、設定さえしておけば、ワンタッチで出来る。

これは「oh!便利」まではいかないけど、沸々と便利だなあと実感しました。

設定の中にスクリーンショットという欄がある。

スクリーンショットのマルチタスクボタンというところをONにしてやると、ホームボタンと右隣のマルチタスクボタン長押しでスクリーンショットがガシガシ撮れてしまう。

Xperiaだと電源長押しすると、スクリーンショットと言うところが出るので、それを押すとスクリーンショットができる。

まあこれも便利だなあと思っては居たが、それ以上に便利である。

 

2.Zenfone3のスクリーンショットはDropboxに自動アップロードされない。

Android機は、スクリーンショットを撮るとDropboxの「camera uploads」にアップロードされるもんだと思ってました。

SONYのXperia、SamsungのGALAXYもそうだったので、それが当たり前だと思っていた。

Zenfone3はそれがありません。気がつくのに時間かかりましたが、あれ?とDropboxを覗いたらいつもと違うなあと思ったのでありました。

まあASUS社の設計方針なのでしょう。

まあ逆にDropBoxで「スクリーンショットをUploadしないという設定」も出来ないようなので好みは分かれる問題ではある。

 

3.Dropsyncを入れてDropboxにスクリーンショットを流し込む。

Dropboxにあるフォルダのデータを流し込みたいというアプリはあるので、そのアプリを使って「Camera Uploads」のフォルダにスクリーンショットを流し込んでやる設定をしてやる。

ここではDropsyncというアプリを使うことにした。(まあ有名だよね?)

 

Autosync Dropbox – Dropsync – Google Play の Android アプリ

立ち上げるとまずDropboxに接続してやり・・・

何を同期するのか設定してやる。

上段は、Zenfone3のスクリーンショットフォルダ。

下段は、Dropboxの同期したいフォルダになる。

同期の方法というところを双方向にしてしまったが、Uploadしたいだけなのでデータの同期はしないほうが良さそうだ。

 

まあこれでスクリーンショットも使いやすくなった。

文章の長いブログを書くのはどうしてもキーボードのあるパソコンになってしまうので仕方ない。

Zenfone3を使うぞ~(1.FOMASIM入りDSDS状態でdocomoメールを使う) #ZenTour大感謝祭

いろんな理由でiモードメール(docomoメール)やめられないですよね?

ありがたいことにZenfone3は、FOMA SIMでは通話とSMSしかできないため、(試していませんが)パケ漏れの心配も無いらしい。

0.iモードメールのdocomoアドレスをスマホで使いたい。

15年以上使っている回線なんですが、実はdocomoに登録されている自分の携帯電話は、GalaxyNexusです。

GalaxyNexusにしたときにiモードをそのままに、SPモードの契約もしてありました。(ISP割で増額はなし。)

うちの子供のyoutube視聴用に貸していたのですが、SPモードで設定してやらないと今まで使っていたiモードメールのアドレスが使えないので、入れ替え設定してやりました。

メールアドレスの入れ替え | サービス・機能 | NTTドコモ

ただパケット漏れした(涙)。もう二度とSPモードでは通信しない。

もうめんどくさいので、そこの設定はdocomoさんのサイトで確認してください。

ここで必要なものは、docomoのメールアドレス(○○@docomo.ne.jp)とdocomoのアカウント名(dアカウント)とそのパスワードの三点セットです。

他にもっと良い方法が有りそうな気がするが、厳重なセキュリティ管理と言う名のdocomoさんの嫌がらせかもしれない。

当分GALAXY NEXUSは捨てられないてか・・・壊れたらどうするんだろ?

1.Zenfone3でdocomoメールを使えるようにしてやるには。

docomoメールを使えるようにするのだが、通常のdocomoのスマホでdocomoのメーラーを使って、SPモードでメールをやりとりするわけではありません。

パソコンと同様にimap方式でdocomoメールを使えるようにすると考えた方が良いでしょう。

その場合、通常ならSIMにデータ通信がない場合、無線LAN環境でしかdocomoメールの送信出来ませんが、データ通信用のSIMが別に入っているZenfone3なら可能です。

そういうわけでAndroidアプリで、imapメールができるアプリなら、何も考えずにdocomoメールの送受信が出来ます。

2.CosmoSiaでdocomoメールを使う。

とりあえずCosmoSiaというアプリを使ってdocomoメールをつかう。

CosmoSia(デコメ対応メールアプリ) – Google Play の Android アプリ

インストールしました。

立ち上げるとdocomoメールという記載があるのでこれを選択。

さっきの三点セットを入れると、メールが出来るようになりました。(画面キャプチャできないらしい)

このメーラーの良いところは、簡単でチャットみたいな表示が出来ることですかね。

(素っ気ないメール例ですいません。夫婦間のすきま風の吹いているメールである。)

3.TypeAppでdocomoメールを使う。

imapメールが扱えるメーラとしてはかなりのユーザーが多いTypeAppですが、これもdocomoメールが利用できる。

無料のメールアプリ – TypeApp – Email – Google Play の Android アプリ

インストールしました。

立ち上げるとdocomoを選択する場所が無いので、「Other Email」を選択してやる。

さっきの三点セットを入れ、imapの設定をいれてやる。

次は、smtpの設定も入れてやる。

こんな感じでメールが出来るようになりました。

複数のスマートフォンを持ち歩いていますが、Zenfone3では通話も出来てdocomoメールもできるようになりました。

docomoメールは、うちのかみさんとの連絡にしか使っていないのですが、通常の携帯電話(ガラケー)とメール用のスマホを別々に持たなくてもいけるスタイルにはなりました。

まあ電話かかってくることも滅多にないので、あまりメリットが無いのですが、着信専用の電話ですしLTE契約するメリットも無いので、これで十分です。