カテゴリー別アーカイブ: Linux mint

MSI U100(Linux mint)にMinecraft Forgeを入れてみたよ・・・

まあどうにもならないのは理解していますが、マインクラフトのmodを簡単に組み込むためにはMinecraft Forgeを入れた方が良いらしい。

Linux Mintで動かしているMSI U100にマインクラフトを入れてみた | happyman web

そういうわけで、やってみた。やり方手順は、またあとでまとめる。(まとめないかもしれない。)

インストーラーでインストールする形になっていた。

Minecraft Forge

マインクラフトを立ち上げて、プロファイルを「forge」を選択すると・・・

トンテンカン始めましたが、時間がかかるかかる。こりゃあきまへんなあ。

ただ軽くするための、Optifineを入れてみたかっただけなんだけどなあ・・・

なんかいろんな警告が出てますなあ・・・

一応走ったものの・・・

fpsが1だってよ。本当は0にしたかったんだろうなあ・・・。

 

 

ポメラ(DM100)が買えないので、MSI U100をなんちゃってポメラにする

型落ちのネットブック(MSI wind Netbook U100 Vogue)にLinux mintをインストールしたのは、テキスト入力用のデバイスが欲しかったからです。

テキスト入力専用のデバイスとしてはポメラがあるわけだが、それを買えるほど予算が潤沢にない。

もともとMSI wind Netbook U100 Vogueのキーボードは使いやすい方なので、うまく行けば使いものになるかもしれない。

テキスト入力に使うエディターはnvPYでsympleNoteに同期させることにした。

nvPYをインストールするだけでは、simplenoteと同期できないので、下記を参考に同期設定をしてやる。

 

萌え萌えmoebuntu UbuntuでSimplenote

これで同期できるようになった。

SSDにしてOSはさくっと起動するし、これでちょっとでかいけど何とか実用的になったと自己満足している。

タッチパッドの設定は、タイプ中には作動しないようにしておいたほうがいいようだ。

タッチパッドのクリックも機能しなくても十分なのでオフにしておく。

 

MSI wind Netbook U100 VogueにBIOS1.0Gを焼いた

紆余曲折を経て、なんとかBIOS焼くための起動ディスクができたので焼いてみることにした。

USBデバイスで起動するように選択する。

起動した。1を選択すると、本体にFreeDOSをインストールしてしまうので、2を選択した。

DOSプロンプトが立ち上がった。

あれ?BIOSアップデート用のデータが見つからない。

Cドライブにしたら出てきた。(これを知るまでに結構時間がかかった)

flash.batをタイプして、焼付け開始。ちなみにバッテリー駆動ではエラーになって進まない。

BIOS 1.0Gに変わった。

なお、これでLinux mintの不規則なチラチラはなくなった。

やっとこれで使う気になった〜!

押し入れでMSI wind Netbook U100が寝てるんだったら私にくださいw