カテゴリー別アーカイブ: Windows

TransferJetでスマホに吸い上げた写真をバックアップする。(Amazon PrimePhotos編)

AmazonPrime会員なっていたから使い倒してみるか・・・

0.はじめに

昨年、AmazonPrime会員が1000円オフで会員になれる機会(約3000円)があったので、AmazonPrime会員になっちゃいました。

会員になった途端、NECのモバイルルーター(MR-04LN)を特価で購入することが出来たりしたので、そのまま会員継続してもいいかなと思いまして、どうせ会員のままなら使い倒しましょうという気持ちになりました。

AmazonのCyberMondayでNEC Aterm MR04LNクレードル付が8990円(Amazonプライム限定)だったのでポチッとした。 | happyman web

AmazonのCyberMondayで購入したMR04LNがさっそく届いた。 | happyman web

PrimeMusicやPrimeVideoはそこそこ楽しんでいますが、ここではPrimePhotosを使って、TransferJetでスマホに飛ばした写真のバックアップをさせてみることにしました。

1.スマホ側にPrimePhotosを入れる

GooglePlayでPrimePhotosを入れてやる。

Amazonのプライム・フォト – Google Play の Android アプリ

インストールしたら立ち上げてログインしてやる。

自動保存を選択して・・・

フォルダーの管理というところで画像データの入っているフォルダの所にチェックを入れる。

今回はTransferJetのフォルダがあるので、チェックが入っていることを確認する。

これでバックアップは進めてくれる。

2.バックアップ用のパソコンを設定する。

AmazonPrimeの特典として、写真は会員である限り無限の用量を保存できる権限をいただいている。

まあ私は動画にはほとんど興味が無いので、動画をアップロードすることは少ないだろう。

でもこういうサービスっていつデータが飛ぶか不安になってしまうので、パソコンでバックアップしてやることにする。

Amazonのサイトに行って、アプリをダウンロードしてインストールする。

AmazonCloudDriveにログインしてやると、パソコン用のアプリをインストールする。

パソコンのどこのDriveに保存するか選ぶことが出来るので、そこでデータストレージのフォルダを選んでやる。

システムの入ったSSDなんか選んじゃうと悲劇なので、ここはデータ用のHDDを選択した。

これでバックアップができる。

それにしてもファイルツリーが・・・各デバイスの各フォルダという形になっています。

まあどのガジェットで撮ったのか区別したい人には、この方式が良いかもしれないけど、少し私の好みでは無いかもしれない。

 

ちゃんとEXIFは残っていますから、生のデータをそのままバックアップストレージしてくれているのだろう。

3.PrimePhotosで1年前の自分プレイバック

PrimePhotosのアプリで見ると、1年前の写真はこんなんやでという余計なお世話な機能がついているようだ。

昨年の私は・・・やっぱり飲んだくれていたようだ。

さすがに有料のCloudストレージです。

写真を一括バックアップするだけなら、十分使えるサービスだと感心しました。

Amazonは通販だけじゃ無いな恐るべし。

LIVAにwake on LANのマジックパケットを出してもらう(Teamviewer編)

LIVAにやってもらいたいことの二つ目は自宅にある電源の切れているパソコンに起こす役目である。

wake on LANのコントロールをLIVAにやって貰おうと言うことだ。

最終的には、SoftEtherにやってもらおうとは思うのだが、とりあえずTeamviewerでやることにした。

起こしたいパソコンのTeamviewerでまず設定してやる。

その他→全般にwake-on-LANと言うところがあるので、そこをクリック。

今回はローカルネットワーク内で起こすため、そこにLIVAのIDを入れてやる。

LIVAのTeamviewerで見てやると、起動ボタンというのが出来ている。

そこを押すとスイッチオン!寝ていたパソコンが起動する。

これは別にLIVAのTeamviewerを動かしてやる必要は無く、別に自宅外で動かしているパソコンで起動ボタンを押してやれば、電源が入る。

別に電源入れるだけならSoftEtherを導入しなくてもいいなあと思ってしまうほど便利であった。

LIVAに強震モニター(chromeアプリ)を常駐させてやる

第一の目標であるLIVAに強震モニター(chrome)を常駐させてやることにした。

chromeアプリはふつふつと便利なので辞められない。

いろいろリソースを喰いそうなので、Googleにログインはしないで動かしてみる。

ブラウザchromeが立ち上がっていなくても、バックグラウンドで動くように、「シークレットモードでの実行を許可する」にチェックを入れる。

こんな感じに表示されるんだが、更新時間が2秒なんだよね。

これはマシンパワーに依存しているのだろうか?私の常時使用のマシンは1秒更新なので、この辺りは解らない。

ある大きさ以上の地震について、Twitterに吐き出す機能が付いているので設定する。

ここで手こずった。Twitterでアプリ認証をしたときに、Redirecting・・・のまま停止してしまう事になってしまう。

何回やっても通らない。

おかしいなあ?と思っていろいろ弄ってみたんだが、普段使うブラウザを「chrome→Internet Explorer」に戻してやって認証してやったら上手くいった。

(これが本当の解決策なのかは解らないけど・・・まあ通ったので良しとしよう。)

 

最大震度4以上の地震があったみたい20:56:25 震度4 福島 震度2 宮城 http://t.co/yKpc6x08Du

早速それに引っかかる地震が発生した。

IFTTTで自動でブログにアップするようにしてあるのであっけなくテスト終了。