カテゴリー別アーカイブ: iOS

iPhone5(au)にiOS10.3が降ってきたので入れた(実は神更新?)

まだまだ進化するiPhone5(au)さんである。

公開されてすぐに入れていたんだけど話題になるまで、ただのアップデートだと思ってた。

はいはい。ぽちっとな。

はいはい。ぽちっとな。更新しました。

見慣れないものがこれ。2ファクタ認証ってなんだべ?

まあめんどくさいので、後で行うにしちゃいました。

最近、iPhoneあんまり使っていないのでアレなんですが、なんかiOS10.3を機にサクッと軽くなったという巷で出回っています。

(全然体感で感じてないの・・・鈍感だから)

「iOS 10.3」になってiPhone速くなったって本当?|ギズモード・ジャパン

そういうわけで、実はiPhone5が延命されちゃったのかも知れません。すげー。

Eye-Fiサービス終了につきTransferJet SD(SD-TJA016G)を導入した

オワコン技術かも知れないけどTransferJetが快適だ。

実は、Zenfone3が来てしまったために、このネタがかけずに年越してしまいました。

1.遂にきたEye-Fiサービス終了

昨年秋、惜しまれつつもEye-Fiのサービスが斬り捨てられてしまい、私のずぼらでそこそこ快適な写真管理の環境が、脆くも崩れ去ってしまいました。

Eye-Fiは便利でした。デジカメ(Eye-Fiで転送)でも、スマホ(Android・iPhone)でも撮った写真は全て日付のフォルダ毎に写真をパソコンにアップロードして整理してくれました。

特にアルバムを作る気もないので、撮影日毎に写真を保存してくれるだけで良かったのです。

まあEye-Fi CENTERが遅くて時間がかかったり、Eye-Fiのサーバーで途中で詰まったりと決して快適では無かったのかも知れません。

物ぐさな性格のため、Eye-Fiに変わる方法を考えられないで、しばらく経ってしまいました。

通常なら、デジカメ→スマホバックアップは、Wi-Fiを使うFlashAir一択なのでしょうが、ふと手元にconeccさんからもらってそのまま塩漬けになっていたTransferJetを見て、こいつのSDカードはないのか?と探してみると一年前に販売されていた(苦笑)

TransferJetのファイルの転送自体が早いのは有線並み早いのは理解していましたし、Eye-FiでWi-Fi経由のデータ転送は、時間がかかるのを知っていましたから、TransferJetで行ってみようかと思った次第です。

ConeccさんからTransferJetが届いた | happyman web

TransferJetを真面目に使ってみることにした | happyman web

2.TransferJet発注

TransferJetのSDカードの相場は安くて5000円位のようである。

家電量販店で見てみると置いてないところも多いが7000円なんて値札が貼ってあるところもある。

こういうのは店頭価格では値引きされないのでネットで買うのが一番無難なのでしょう。

前置きが長くなりましたが、開封の儀。

Eye-Fiさん今までありがとう。

もう通信出来なくなった君は、Batteryを無駄に喰う困ったSDカードです。

高級SDカードを搭載する、最廉価ボロボロデジカメ(苦笑)

3.やっぱり爆速なTransferJet

アプリはこんな単純なもの。

ドングルを刺してこんな風に放置しておけば、勝手にスマホにUploadされる。

それにしても爆速であっという間にファイル転送が終わる。

まあ費用対効果が高いか?と言えば微妙であるが、爆速の快感は辞められない。

転送した写真をどうやってパソコンにバックアップするは次回に続く。

まあ普通はこっちだわな・・・