カテゴリー別アーカイブ: VPS

OwnCloudにGoogleDriveをマウントしてみた(2.GoogleにOauth認証をさせるようにする。)

2.GoogleにOauth認証をさせるようにする。

引き続き進める。

プロジェクト名を選択する。

APIs&authを選択する。

DriveAPIとDriveSDKをONにする。

Credentialsを選択。

新規作成して、必要な情報を入力する。

うまくいくとIDとパスワードが発行されるので、保存しておく。

(アホみたいにIDが長いのでコピペが出きるようにしておく。)

 

つづく

OwnCloudにGoogleDriveをマウントしてみた(1.Googleにプロジェクトを作る。)

OwnCloudを使っていくにあたり、まずやっておきたいなあと思ったことは、他のクラウドとの同期である。

無料で使えるクラウドの容量はやっぱり少ないし、サービスがいつ消滅するか不明なところもあるので、バックアップをしておきたい。

DropBoxとの同期は、↓のサイトを見れば出きるようです。

OwnCloudにDropBoxをマウントする【連携】 | くずのは探偵事務所

 

DropBoxも追々やっていくとして、色々見ていると、GoogleDriveとも同期ができるようなので、やってみることにした。

External storage — ownCloud User Manual 6.0 documentation

GoogleDriveにたいしたものは入っていないのだが、Windowsの場合、GoogleDriveの保存先が変更できないので、Owncloudに同期をするようにして、GoogleDriveのアプリ使わないようにしたいというのが私の目的である。

DropBoxより少し面倒な感じがする。

 

1.Googleにプロジェクトを作る。

Google Developers Console

ここで、プロジェクトを一つ作成する。(下の二つにはチェックいれておく)

Googleの二重認証と同じように、認証コードが発行される。

(二重認証していなくてもこの手続きは経ないとダメみたいで、電話でコードを入力する必要がある。)

電話番号を入れてやると、電話がかかってくるので数字を入力する。

プロジェクトが登録された。(つづく)